押井守監督作品

ちょっと古い押井監督作品のアニメ「機動警察パトレイバー」を観ました!
昔のアニメ映画をリメイクしているやつらしいのですが、面白い(^^)

 

特に後藤さんという優秀なのに粋なおじさん(笑)である後藤さんが主役の「機動警察パトレイバー2 the Movie」が最も良いです!ただ、「2」はレイバーアクションとかは全然無いので、機動警察パトレイバーが好きだったりのあちゃんやあすまくんが好きな人達にはがっかりだろうねぇ。

でも、「正義」「平和」「戦争」などといった重要ワードに押井監督が深く掘り下げていく感覚は、共感できる人にはたまんないだろうね(^o^)

トラックバック
Comments (0) 2013-05-05 |

009

出ましたSFアニメ!
攻殻機動隊シリーズを見始めてから注目している分野です(^^)
大々的に宣伝していたので見たい見たいと思っていたのに!

いつの間には上映が終わってた・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

映画っていつも観ようと思っているうちに終わってしまうのはなぜだろう。。

私がトロいからかな(*ノω・*)テヘ

DVD出たら借りに行こうっと!

トラックバック
Comments (0) 2012-12-08 |

耳をすませば

ジブリが嫌いとか何とか言って、先日友人と『耳をすませば』を見ました。
昔に見たことがあるのか、無いのか・・・
基本的には主人公の女の子が男の子に恋をして、結ばれましたというお話なんですが、途中から全然頭に話が入って来ませんでした(~_~)

「このおじいちゃんって、誰だっけ?」
「主人公の友人って、もう告白したんだっけ?」
と、随時友人に進行状況を確認しないといけないありさまで、友人はほとほとあきれていました。
やっぱジブリは相性悪いなぁ(;´Д`)

トラックバック
Comments (0) 2012-10-30 |

ジブリ

ジブリアニメ

 

私は、ジブリがあんまり好きではないんです。
みんな大好きなのであんまりこんなことを言うとヒンシュクを買いそうなので控えてるんですけど、平たく言うと嫌いです。なぜだか主人公がみんな良いコなので、共感出来ないんですね。
そんな清らかで雑念の無い人なんかいないでしょ?

ジブリの主人公が「肉体関係」とか「根回し」とか「出勤」みたいな発言をするようになれば、少しは人間味も出て好きになれるかもしれません。
みんな卑屈で、自分のことが何より大事で、卑しくて、嫉妬深い。だからこそ素敵なんですね。

トラックバック
Comments (0) 2012-09-30 |

思い出の特撮&アニメ

かつてフジテレビで「ダイバスター」というシュールなアニメ(というよりも低予算バラエティ?)が放送されていたのをご存知でしょうか。

ダイバスターは地球特捜隊という名目の軍団で、地球上のあらゆる謎を探求していくアニメ版探偵ナイトスクープのような番組です。とにかく低予算を隠すこと無く出しており、プレゼントはほとんどが1名様、内容も番組内で使ったものをそのまま渡すだけという体たらくであった。

また、番組の最後は博士の意味不明なお説教で締められるパターンも味わい深いものがあり、たまに思い出してはpideo動画などで見ています!皆さんも、くだらないことで笑いたくなったら探してみてください!

トラックバック
Comments (0) 2012-07-31 |

おもしろアニメ?

先日また別の友人が勧めてきたのが「鷹の爪」で、皆様もご覧になったことがあるのではと思います!

基本的にはシュールで笑える作品になっていて、長いことみてても全然飽きません。
とは言いつつも、笑いのペースが少し単調なのか、結構眠くなることもあったような・・・

鷹の爪団は世界征服をたくらむ悪の秘密結社という設定ですが、全然世界征服しようとせずにどうでも良さそうなことにのめりこむ修正があります。日本人の悪癖で、誰かが言い出すとどんどん乗っかってしまうという空気感がここでも見事に共有されていますw

それから、面白いのは彼らがひたすらに島根県を愛しており、鳥取を目の敵にしているという点です!
ときにはダイナミックに島根ごと移動してしまったりすることもあります。

映画観てないかたは、一度ご覧あそばせ~

トラックバック
Comments (0) 2012-06-09 |

勧められるがまま

攻殻機動隊最近のアニメで言えば、攻殻機動隊というアニメを友達に勧められてひと通り見てみました。

感想はといえば、よく出来た作品だけど、難しくてよくわからんところも多かった・・・

多くの作品は2050年くらいの近未来のお話らしく、人間とロボットが共生している世界を描いています。既に人間とロボットの境界線もあやふやになっていて、「生命とは?」という問いに迫る作品もあり、知的好奇心が旺盛なタイプにはウケる作品だと思います。ロボットが自分を生命体だと主張する際に、「現代の科学は生命を定義できていない」というセリフはかなり印象的でした。

ただ、これから未来はこういう形に近づいていくのかな?というイメージをしてしまうほどリアルに作られているので、是非とも理系男子にはオススメしたいですね。頭にコード差し込んで通信したり、大きな容量の記憶は外部記憶装置に記録しておいたり・・・

個人的な感想を言えば、私は頭にコード突っ込みたくは無いですが、皆さんはどうですか?!

トラックバック
Comments (0) 2012-05-09 |