勧められるがまま

攻殻機動隊最近のアニメで言えば、攻殻機動隊というアニメを友達に勧められてひと通り見てみました。

感想はといえば、よく出来た作品だけど、難しくてよくわからんところも多かった・・・

多くの作品は2050年くらいの近未来のお話らしく、人間とロボットが共生している世界を描いています。既に人間とロボットの境界線もあやふやになっていて、「生命とは?」という問いに迫る作品もあり、知的好奇心が旺盛なタイプにはウケる作品だと思います。ロボットが自分を生命体だと主張する際に、「現代の科学は生命を定義できていない」というセリフはかなり印象的でした。

ただ、これから未来はこういう形に近づいていくのかな?というイメージをしてしまうほどリアルに作られているので、是非とも理系男子にはオススメしたいですね。頭にコード差し込んで通信したり、大きな容量の記憶は外部記憶装置に記録しておいたり・・・

個人的な感想を言えば、私は頭にコード突っ込みたくは無いですが、皆さんはどうですか?!

トラックバック
Comments (0) 2012-05-09 |